浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年5月17日を表示

不完全燃焼な引き分け ~ナビスコ杯/浦和vsF東京

ナビスコ杯予選第5戦
FC東京0-0浦和レッズ
~味の素スタジアム


う~む、なんともヤキモキした感じで味スタから帰還した。そして、不完全燃焼な試合となってしまった。

サイドから崩そうという意図は感じられたのだが、常に相手にはね返されて上手く行かず、だからと言って中央から決定的なパスが出る訳でもなく、中盤はスカスカでロングボールの連続。結局は効果的なパスが出ないまま終始した感じ。
ワシントンは前線で孤立する時間帯が多かったし、長谷部や永井の個人技による突破も始めだけで、後はほとんど陰を潜めたままだった。特に永井は消えている時間帯が多かったね。
まあ、特にどの選手が極端に悪いという訳ではなかったのだが、多くの選手が力を出し切っていない感じがした。
あえてタラレバを言わせてもらえば、もっと早めにセルを投入してほしかった。また、停滞した状況でこそ岡野を入れて活気付けた方が良かったのではないかとも思う。しかも、終盤は完全に瓦斯に攻撃のペースを握られていた訳だし…。
ロビーや啓太が不在だったからとは思いたくないが、やはり2人が居なかった事は影響しているよね、絶対。
そんな中でも山岸は一人気を吐いて、マリノス戦に続き今日もファインセーブ連発でゴールを割らせなかったのは素晴らしかった。今日も山岸に助けられたね。

さて、次はいよいよナビスコ予選最終戦。しかもホームゲームだし、ここはキッチリと勝利で締めて、気分良く準々決勝へ移行したいものだ。

ああ、千島は今日も出なかった…(泣)


------------

追伸/アメリカのマイアミ大学・ジャクソン記念病院で多内臓移植を受け、療養中だった神達彩花ちゃん(1)が、5月16日13時13分(日本時間5月17日午前2時13分)に亡くなりました。
謹んでご冥福をお祈り致します。

あやかちゃんを救う会ホームページ



5月17日(水)23:04 | トラックバック(7) | コメント(0) | 試合 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 楽天市場 | FX自動売買