浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年2月を表示

ちょっと、審判に抗議したら罰金だよ

◆浦和「悪態、イエロー」で罰金
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-060227-0013.html
無用なイエローカードには制裁を-。浦和は今季から審判に対する異議などで警告を受けた場合には、罰金を科することが26日、分かった。チーム始動時に犬飼社長がスタッフ、選手に方針を通達しており、罰金の額などは検討中。昨シーズンはリーグワーストタイの78枚の警告を受けるなど、自滅するケースが目立った。ゼロックス・スーパー杯優勝で早くも1冠を獲得したが、悲願のリーグ制覇のカギは、警告数の減少にある。

まあ、金で選手の感情を抑える事にはちょっと抵抗を憶えるが、昨季、抗議によるイエローやレッドを喰らって選手が退場してしまい、どれだけ勝てる試合を落としただろうかを考えれば、これも仕方ない事なのだろう。実際問題、この罰金制度が果たしてどれだけの抑止効果になるかは未知数だが…選手が常に大人の態度で接してくれれば良いんだけどねぇ。

審判と選手との判定の食い違いはスポーツ、とくにサッカーにおいては永遠のテーマだが、少なくともレッズ側からこういった方針を打ち出した事は評価に値する出来事かもしれない。
抗議によるイエローやレッドが発生する度に、審判の誤審のせいだの、無用な抗議がいけないだの、堂々巡りの論議になってはそれを繰り返す。
審判側は威厳を保つ必要から、自分達のミスは絶対に認めないし、ましてや自分達から警告を減らす為にはどういったジャッジをして行くべきかなんて露ほどにも考えてはいないだろう。
審判側も、レッズのこの苦肉の策の意味をよく考えてもらいたいものだ。



2月27日(月)20:08 | トラックバック(1) | コメント(2) | レッズニュース | 管理

レッズがゼロックス杯優勝!!

2006ゼロックススーパーカップ
ガンバ大阪1-3浦和レッズ ~国立競技場


先ずは1冠!昨季リーグ王者のガンバを粉砕し、レッズがゼロックス杯優勝!!
開始2分で坪井がオウンゴールを献上してしまうというアクシデントで一瞬ズッコケたが、その後はレッズの進化した攻撃力が次々ガンバゴールに襲いかかった。
ワシントンを1トップに、ロビーと伸二を2シャドーに置きながらも、いざ攻撃となれば3人が次々ポジションチェンジを繰り返しながら球を繋いでガンバゴールを脅かす。
9分に堀之内が得意のヘッドから同点とすると、17分には伸二の絶妙のパスからワシントンが抜け出し逆転弾を叩き込む。51分、そのワシントンが前線で潰され役となりアレックスが繋いでロビーがズドン!!多彩な攻撃であっという間に3点を奪って試合を勝利付けた。

課題は、ある。3点を奪った後はガンバの必死の猛攻によって押し込まれる場面が殆どだった。細貝や酒井を投入した事で守備的にならざるを得なかったとはいえ、いつ失点してもおかしくない場面を相手に幾度と無く作らせてしまったのはいただけない。
やはりこういった場面でも、相手の攻撃を押し返しつつ味方のペースに転換出来るだけの要領を兼ね備えて行かないと後々が苦しい。
ただ、それを防いだ守備陣の奮闘も讃えたい。闘莉王の強さ、坪井の速さ、堀之内の冷静さが幾度のピンチを切り抜けた。

伸二が存在感を発揮
レッズ復帰後初の公式戦となった伸二だが、改めてその存在感を示した。
高度テクニックの伴った素晴らしいキープ力、意表を突く鋭いパス回しでガンバ守備陣を奔走させ、逆転決勝弾となるワシントンのゴールをアシストするなど、キッチリと仕事を果たした。
これでもワシントンやロビーとの連携はまだまだ完成されていないというのだから、これからさらに連携を高めて行けば多彩な攻撃力にさらに磨きがかかるに違いない。実に楽しみだ!!



試合後、サポの元へ挨拶にやって来たレッズ選手陣をマスコミが異様なまでに取り囲み、選手を足止めしたマスコミに対する報道陣へのブーイングが発生した。特に伸二に群がるマスコミの量は異常な程。中には状況がわかっていないのか面白がっているのか、ニヤニヤしながらこちらを撮っているアホなカメラマンも居た。
尤もマスコミも仕事なのはわかるが、挨拶の時くらい道を空ける位のマナーをわきまえろっつーの。
空気を読めないアホな報道陣とそれに対するブーイング。さらにマスコミに対して大旗や便所ペーパーを投げ付けているサポも居たのが残念だ。せっかくの勝利も少々後味の悪いものになってしまった。



そして代々木で美酒~(笑)


2月26日(日)08:27 | トラックバック(27) | コメント(5) | 試合 | 管理

明日、いよいよゼロックス杯!!

世間ではJ開幕は3月だが、俺達レッズサポにとっては明日のゼロックススーパーカップが開幕戦だ。勝てば賞金3千万(負けても2千万だけど…)。死に物狂いで獲りに行け!!
まあ中にはゼロックス杯をプレシーズンマッチに毛が生えたようなものとしか思っていない者も居るみたいだが、そんな輩は放っておいて、いよいよ明日に集中だ。
この期に及んでスタメン予想なんてくだらん事はよそう。いいじゃないか、誰が出たって。俺達はどの選手が出ても精一杯サポートするのみ。

え~い、もうグダグダ言うのはやめた!

とにかく、

ガンバぶっ潰す!!


あ、そうだ、明日の準備しないと…(←まだやってねーのかよ!?)



2月24日(金)20:30 | トラックバック(4) | コメント(2) | 雑記 | 管理

長谷部の初ゴールは幻に… ~インド戦

アジア杯予選
日本代表6-0インド代表 ~日産スタジアム


伸二のジーコ・ジャパンメモリアル100ゴールで気を良くしたと思ったら、今度はその伸二のアシストから長谷部の代表初ゴール!!!!!…と、思ったらゴール前で巻の身体に当たってるから巻の得点だとぉ!?ちくしょー巻め、去年ナビスコのハンドゴールと言い今回のお零れゴールと言い、一体どこまでレッズの邪魔をすれば気が済むのか!?こんにゃろめ!!

とは言え、長谷部自体は完璧だね。素早いパス回しから味方のチャンスを何度も演出したかと思えば、豊富な運動量からゴール前へ鋭いパスを連発し、献身的な守備でも貢献するなど、ほぼ完璧な内容。これでジーコには間違いなく好印象を与えた事だろう。

インド戦のレッズ選手陣
伸二/ジーコジャパンメモリアルゴールを決める。
長谷部/初先発フル出場。中盤で役割を完璧にこなし、幻のゴールも。
アレックス/左サイドでチャンスを演出。
坪井/ベンチ外。
都築/ベンチ外。



2月23日(木)07:36 | トラックバック(6) | コメント(1) | 試合 | 管理

新レプリカユニ争奪地獄変inレッドボルテージ

いよいよ今日からレッドボルテージで今季の新ユニが発売開始となった。多分に漏れず俺も(仕事の外回りの最中に)買いに行ったが、ある程度予想していたとはいえ、まさかあんなに並ぶとは思わなかった。
俺が到着した10時半には列は既にビルを取り巻く様に裏の駐車場まで伸びており、その駐車場でも何重もの蛇行列が…

ギャー!

予想外の列の長さに一瞬血の気が引いたが、しかし今日買わなければゼロックス杯に間に合わないので、ここは覚悟を決めて最後尾に並ぶ。…が、列がなかなか前へ進まない!約20分~30分間隔で断続的に前進するものの、入店規制のせいですぐ列が止まる上に、お目当ての番号ユニが売り切れやしないかと心配になってイライラが積のる。
並び始めてから約1時間半でようやく入店。お目当ての「9永井Lサイズ」を売り切れ寸前の所でゲット!これで一安心…と思いきや、今度はレジ並びで長蛇の列が…!

ギャー!!

結局さらに30分も並んでようやく会計を済ませる事が出来た…。いくら試合やチケット争奪戦で並び慣れてるとは言え、ユニでこれだけ並ぶとは思っていなかったから、余計疲れた…

それにしても、今季ユニはヤタガラス効果で馬鹿売れするのはわかっていた事なんだから、もっと効率の良い売り方は出来なかったのだろうか…?



←で、買って来たので自宅でウキウキ気分で品評会(笑)

9永井Lサイズ

う~んヨカヨカ、右肩のヤタガラスが輝ってるぜ…



2月22日(水)19:06 | トラックバック(0) | コメント(2) | 雑記 | 管理


(1/4ページ)
>1< 2 3 4 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 楽天市場 | FX自動売買
禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機