浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年3月を表示

セルヒオ初ゴールで瓦斯に勝利 ~ナビスコ杯

ヤマザキナビスコ杯予選リーグ第1戦
浦和レッズ2-0FC東京 ~駒場スタジアム


ああ、やはり駒場は落ち着くねぇ…なんて言ってる暇も無いほどに激しい試合展開に。レッズはこれまでのスタメン6人が一気に入れ替わり臨んだ瓦斯戦。攻守が激しく入れ替わる好ゲームとなった。

スタメン濃厚と思われた黒部をベンチに置き、代わりにスタメンに入ったのはなんとセルヒオ。そのセルがついに公式戦初ゴール!
セルはワシントンの周りを衛星のように動き回り、持ち前のスピードとテクニックで瓦斯DF陣をかき回しチャンスを演出。一方では献身的な守備も光った。
今回のセルは、ギドにしてみると恐らく“仮想・達也”の意味合いもあったのだろうが、そんなセルが決勝点をあげる大仕事を果たしたのだから喜ばしい。
守備陣も奮闘。特に山岸は好セーブを連発し瓦斯完封の原動力となった。さらに酒井も得点するなど、本来の控え組がこれだけ活躍すると、ギドにとってはまた嬉しい悩みが増えるね。
ただ、試合終盤に負傷退場したワシントンが心配。腰辺りを押さえてガクガクと倒れ込んで、そのまま起き上がれなくなりタンカで運ばれた。…現時点の情報では相手DFの肘が腰に入って内出血したとの事たが…心配である。

主審・穴沢について。いくら今年から少々のファールは流す取り決めとは言え、今回はメチャクチャ。ファールを取られても不思議ではないラフプレーを流したかと思えば、その反面で流しても良いであろう場面をファールにしてしまうなど、ジャッジの余りのメリハリの無さに不満だった。さすがアナザーワールド!なんて冗談を言ってられないほど酷かったね。



3月30日(木)01:23 | トラックバック(6) | コメント(2) | 試合 | 管理

ナビスコ杯いよいよ開幕

いよいよ明日、2006ヤマザキナビスコ杯が開幕する。

レッズは駒場で瓦斯と対戦。エクアドル戦の為に代表組の伸二、アレ、坪井、長谷部の4人が不在なのに加えて、山田が足を痛めており出られない。さらに永井も腰痛により欠場濃厚。ギドが言うまでもなく、明日は大幅なメンバー変更を余儀なくされる。
尤も、こういう時の為に選手層を暑くしているのだから、代わりの選手がしっかり仕事をしてくれるだろう。特にここ2試合出番から遠ざかっていてフラストレーションがたまっているであろう相馬などは、明日は大暴れの予感!

明日は仕事を5時で終わらせて駒場へ駆け付けるぞ。



3月28日(火)19:33 | トラックバック(1) | コメント(0) | レッズニュース | 管理

レッズ大一番征し首位浮上!! ~浦和vs横浜マ

J1リーグ第5節
横浜F・マリノス1-3浦和レッズ ~日産スタジアム


早くもやって来た首位攻防決戦!第5節ながら大一番となった。
例年から言うとレッズvsマリノス戦は接戦の好勝負が多かったが、実際はその例を大きく覆す結果となった。

初盤はお互い探り合いながらの一進一退。中盤に厚みを見せるマリノスがボールキープでややレッズを上回るが、個人技で勝るレッズがロビーを中心にマリノスの隙を上手く突いてゴールに迫るなど、やがてレッズがチャンスを作り始める。

前半も終盤の43分、CKの混戦から山田が今季初ゴールを決めて先制!
そして圧巻は48分ワシントンの追加点。ロビーの絶妙のヒールパスから抜け出したワシントンはそのままゴールへ突進。マリノスが誇る日本代表DFコンビ・松田&中澤を引き連れながらもそれをあざ笑うかのようにかわすとボールをゴールへ叩き込んだ。
シトンはやはり強くて巧い。特にペナルティエリア内で前を向いてボールキープした時のシトンは無類の強さを発揮する。
ロスタイム、必死の攻撃を仕掛けるマリノスの大島にヘッドを喰らったが、直後に長谷部が強烈なビューティフルシュートを突き刺してマリノスの息の根を止めた。

で、見事な4連勝でついに首位である。まだ5節だし、現時点で首位だからどうこう言うにはまだ早いが、やはり一番上にレッズが居るってのは気分が良ものだ。それも宿敵マリノスを粉砕しての首位浮上だけに大変感慨深い。

最後に…試合前にシトンを挑発していたマリノスの「栗原」とかいう頭の悪いDFちゃん。しっかり失点に絡んでたね。こういうのを「格好悪い」っていうんだね(笑)



3月26日(日)08:06 | トラックバック(14) | コメント(13) | 試合 | 管理

ドイツW杯へ行けるチャンスだったが・・・

サポ仲間から「ドイツへ行かないか?」と誘われた。
なんと「日本vsブラジル」戦のチケットが手に入りそうとの事。
一体どこからそんなプラチナチケットを手に入れられそうなのか訪ねたら・・・

ここは極秘(笑)

いや、恐らく仕事関係かスポンサールートみたいなもんなんだろうけど。

ただ、ここからが問題。

ドイツへ行くのに必要な費用は、チケット代+飛行機代+宿代など合わせて

40万円との事。

おいおい、40万円も一気に使えねーよ!!

いや、せっかくのW杯だし、しかもドイツ大好き野郎の俺にとって、ドイツは夢の地。生きている内に一度はドイツへ行ってドイツビールを鱈腹飲んでみたい!ってのが夢だし、一気に奮発して行っちゃうのも良いかと思ったんだけど・・・現実的にはそんなに会社を休めないしね(これが本音)。

って事で断ったんだけど・・・ああ~、勿体ない~、ちょっと後悔・・・



3月23日(木)18:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 雑記 | 管理

桜散らしまくりでセレッソに完勝!! ~浦和vsセ大阪

J1リーグ第4節
浦和レッズ3-0セレッソ大阪 ~埼玉スタジアム2002


昨季まったく勝てなかったセレッソに完勝。昨年の好調さに奢って戦力の底上げを怠ったセレッソと、優勝を目指してしっかりと戦力アップを図ったレッズとの差が浮き彫りになったような試合だった。

とにかく、ここまでゲームを完璧に支配出来る試合はそう年中見れるものではない。レッズとセレッソ、大人と子供のような現在の力の差は明確だ。

森島、古橋、西澤の3トップは強力だが、スピードの無い相手に対してしっかりとラインを押し上げて対応。特に西澤はペナルティラインにさえ近づかせなければ怖くない。ただ、あまりに西澤を警戒するあまり、少々森島を自由にさせてしまいピンチを招く場面もあったが…

前半は、ゲームを完全に支配しながらも、ラストパスのまずさからなかなか上手くフィニッシュに持ち込めなかったレッズだったが、これが後半に入ると、人数をかけて波状攻撃を繰り返しリズムを掴む。47分、相手DFのクリアボールを伸二がダイレクトボレー。ボールは芸術的な弾道を描いてゴール右上に突き刺さった。攻めて攻めてようやく物にした先制点。しかも伸二のレッズ復帰後初ゴール。これでさらに勢いづいたレッズは、57分にはこぼれ球を拾ったワシントンが強烈なシュートで追加点。79分にはワシントンとの連携から闘莉王が駄目押しの3点目を決め、セレッソを完全に粉砕した。

レッズ絶好調の裏にはロビーの存在が欠かせない。とにかくロビーが、すごい。抜群のボールキープから積極的な中央突破でチャンスメークしたかと思えば、パスの連携からサイドを切り崩す。さらに前線からの献身的な守備も忘れない。勝利の陰にロビーあり、だね。



3月22日(水)07:53 | トラックバック(8) | コメント(236) | 試合 | 管理


(1/3ページ)
>1< 2 3 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器