浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年8月14日を表示

埼玉スタジアムに設置されたドライミスト

そういえば12日の対FC東京戦で、埼スタの北広場にドライミストが設置されている事に気付いた。

ドライミストとは、大量の水蒸気を噴出させて周辺の外気温を2~3度下げる効果があると言われている一種の冷却装置みたいなもので、先頃からニュースなどでも取り上げられている話題の装置である。まだ実験要素が強い装置なので、その明確な効果が立証されるのは少し先になるだろうが、それにしても、このような最新装置(笑)が埼スタに設置されたとは驚きだ。

ただ、このドライミストって、12日が初めてだったのだろうか?その前からあった?7月31日の対バイエルン戦は仕事後に駆け付けたから気付かなかっただけなのか、それともやはり12日が初めてだったのだろうか?

しかし、12日に設置されたドライミストは非常に虚しいものとなった。装置可動とともに地区周辺では猛烈な雷雨が発生し、ドライミストどころか天然の豪雨で気温が一気に下がってしまった。
写真のように豪雨の最中も無意味に水蒸気を吐き続けるドライミスト。

誰か装置を止めろよ…

雷が酷かったので係員も何処へ避難してしまっている模様。結局、装置がストップしたのは雨もかなり弱まった後だった。
そして雨で気温が下がってしまったので、この日はドライミストの効果を確かめることは出来ず。残念。

ちなみに雨が降る前に、まだ可動中のドライミストの真ん前に立ってみた。
…びしょ濡れになった(←アホ)



8月14日(月)09:13 | トラックバック(0) | コメント(5922) | 雑記 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS