浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年8月30日を表示

重い、重すぎる… ~浦和vs大分

J1リーグ第21節
大分トリニータ2-1浦和レッズ
~九州石油ドーム


重い、重すぎる…。いや、別に十万石饅頭じゃないんだけどさ、風も語りかけて来ないし、重いよ、底無しに重い。足に鉛球、背中に石でも背負っているのかと思うくらいに動きが鈍いレッズの選手たち。

今季最低最悪と言っても過言ではないくらいにひどい試合だった。トリニータの若いスピードに付いて行けない。プレスも仕掛けられない。とにかく走れない。
前半、トリニータのシュート10本に対してレッズは0…これが優勝争いをしているチームとは…

レッズはここ数試合前からこんな重い試合が続いていた。それでも何とか負けずに耐えて来た。しかし、それが今日、ついに崩れた。疲労という疲労が一気に噴き出して悲鳴を上げているかような、そんな重苦しい試合だった。

これじゃ代表どころではない。正直言えば、今回に限ってはレッズの選手たちを召集しないでほしいとも思う。それくらいに今の選手たちには休養と、チームを立て直す時間が必要だ。

最後に、
前半早々にアトバンテージを取らずにレッズの決定的チャンスを潰し、1失点目直前では闘莉王が後ろから強烈なチャージを受けたのにファールを取らない糞審山西…どうなってんだ…

------
J1第21節 大分2-1浦和
得点/9分・高松(大)、59分・高橋(大)、76分・ワシントン(浦)



8月30日(水)23:11 | トラックバック(7) | コメント(20) | 試合 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器
避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS