浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年3月30日を表示

セルヒオ初ゴールで瓦斯に勝利 ~ナビスコ杯

ヤマザキナビスコ杯予選リーグ第1戦
浦和レッズ2-0FC東京 ~駒場スタジアム


ああ、やはり駒場は落ち着くねぇ…なんて言ってる暇も無いほどに激しい試合展開に。レッズはこれまでのスタメン6人が一気に入れ替わり臨んだ瓦斯戦。攻守が激しく入れ替わる好ゲームとなった。

スタメン濃厚と思われた黒部をベンチに置き、代わりにスタメンに入ったのはなんとセルヒオ。そのセルがついに公式戦初ゴール!
セルはワシントンの周りを衛星のように動き回り、持ち前のスピードとテクニックで瓦斯DF陣をかき回しチャンスを演出。一方では献身的な守備も光った。
今回のセルは、ギドにしてみると恐らく“仮想・達也”の意味合いもあったのだろうが、そんなセルが決勝点をあげる大仕事を果たしたのだから喜ばしい。
守備陣も奮闘。特に山岸は好セーブを連発し瓦斯完封の原動力となった。さらに酒井も得点するなど、本来の控え組がこれだけ活躍すると、ギドにとってはまた嬉しい悩みが増えるね。
ただ、試合終盤に負傷退場したワシントンが心配。腰辺りを押さえてガクガクと倒れ込んで、そのまま起き上がれなくなりタンカで運ばれた。…現時点の情報では相手DFの肘が腰に入って内出血したとの事たが…心配である。

主審・穴沢について。いくら今年から少々のファールは流す取り決めとは言え、今回はメチャクチャ。ファールを取られても不思議ではないラフプレーを流したかと思えば、その反面で流しても良いであろう場面をファールにしてしまうなど、ジャッジの余りのメリハリの無さに不満だった。さすがアナザーワールド!なんて冗談を言ってられないほど酷かったね。



3月30日(木)01:23 | トラックバック(6) | コメント(2) | 試合 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ