浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年8月を表示

鈴木啓太も追加招集!!

オシムが代表を5人追加招集した。
その中に…

鈴木啓太

ついに、ついに選ばれた!やったぜ啓太!!

過去、啓太はオリンピック出場を目指した23歳以下の代表ではキャプテンを務めながらも、実際のオリンピック代表選考では落選させられた苦い経験がある。あの時、啓太は某雑誌のインタビューで「僕には帰る場所があった」と語り、以後はその言葉を象徴させるかのように一心不乱にレッズのために奮闘してきた。労を惜しまない豊富な運動量で中盤の底を支え、今や啓太の存在の有無がレッズの勝敗の行方を大きく左右するまでに至った。そんな啓太が、ついにA代表にまで登り詰めたのだから、実に感慨深い。

マリノスから山瀬も選ばれた。彼もまた、レッズ時代に啓太とともにオリンピック代表選考で落とされた一人だ。そして悲劇的な大怪我も経験している。彼がレッズを出た本当の理由は未だにわからない。レッズサポとしては、彼について多くを語りたくないというのが正直な気持ちだ。しかし、過去のことを思い巡らすと、啓太同様に色々と考えさせられてしまうよね。

とにかく凄いことになった。レッズからA代表が7人。もちろんこれが頂点ではなく、単なるスタートラインであることはわかっている。海外組もA3組も居ない中での選考であることも十二分に理解している。大事なのはこれからであり、これから先もずっと7人全員が代表に残っているとは思わない。ただ、これはレッズサポとして素直に喜びたい。
レッズからただ1人、福田が代表に選ばれていて喜んでいた時代を知る者としては、こんな時代が来ることをずっと夢見てきたのだから。



8月6日(日)07:48 | トラックバック(29) | コメント(22) | サッカーニュース | 管理

オシムジャパン代表発表、レッズから6人選出!!

山岸

闘莉王

坪井

アレックス

長谷部

達也


…す、すごい、レッズから6人も選ばれちゃったよ。
坪井、アレックスの2人は順当。長谷部は伸二の壁を破っての選出だね。オシムにとっては長谷部にするか伸二にするか悩んだはずであろうが、若さと運動量で長谷部に軍配が上がったという事なのだろうか。
そして何と言ってもサプライズは山岸。オシム視察時に好セーブを連発していたのでレッズサポの間では「もしかしたら…」なんて声もあったけど、まさか本当に選ばれるとは驚きである。いや~、オシムは山岸のことをしっかり観ていてくれたんだねぇ。
レッズから生え抜きでのGKがA代表に選出されるのは山岸が初めてだけに、これは実に価値が高いよね。
そして待ちに待った闘莉王。これには誰も文句は無いはずである。ジーコに疎まれた悔しさをオシムジャパンで爆発させてやれ!
最後に、達也である。復帰戦からの彼の動きを見れば、代表復帰は至極当然であろう。もはや何も言うことはない。思う存分暴れてこい!!

逆に、代表入りが噂されていた啓太は今回は選ばれなかった。まあ、これで啓太まで持って行かれてはレッズも大変ではあるものの、やはり残念は残念だね。
今回の代表選出については賛否両論もあるだろうが、オシムにとってはとにかく「動ける」選手、そして何よりも過去の実績にとらわれないで、「旬」の選手を選んだって感じかな。今年に入ってJリーグで際立った活躍をしている若手~中堅を素直に選んでいる点は、実はこの時期においては理想の選出と言えるね。

しかし、13人って…



8月4日(金)19:00 | トラックバック(43) | コメント(21) | サッカーニュース | 管理

亀田をサッカーに例えると…

昨日の亀田の試合をサッカーに例えると・・・

先ず、ホームアドバンテージにより亀田有利だということは試合前から承知している。
そしてビジター扱いはチャンピオン。

ゴンク(キックオフ)
開始早々、チャンピオンの強烈なパンチ(シュート)がヒットして(ゴールネットを揺らして)亀田ダウン!(チャンピオンが早くも先制点!)
予想外の展開に焦る亀田。早くもポイント(1点)を先制されてしまった為にここで守りに入る訳にはいかない。
攻める亀田。時折微妙なパンチ(惜しいシュート)がチャンピオンの顔面を捕らえるが(シュートはゴールマウスの枠を捕らえているが)、打たれ強いチャンピオンはまったく怯まない(ゴールキーパーが余裕の好セーブ)
既に1度ダウンを奪っている(1点を先制している)為に余裕で自分のボクシングを進める(自分達のサッカーを進める)チャンピオン。
攻め疲れの亀田。そしてジワリジワリとチャンピオンが攻勢を仕掛けると、亀田は出血(負傷)も伴ってもはやヘロヘロ(スタミナ切れ)
ここで13ラウンド終了のゴング!(90分間の終了を告げる笛が鳴る)

試合結果は、

亀田0-1チャンピオン

そしてそれを告げるアナウンスが場内に響く。

「本日の試合はご覧の通り、ホーム亀田興毅が1-0で勝ちました~!!」

(°Д °)ハァ!?…


やべ、くだらね~!!

書いててアホらしくなってきた。

とにかく、どんなことでも八百長はやめようね。



8月3日(木)19:45 | トラックバック(3) | コメント(9) | 雑記 | 管理

さいたまシティ杯 ~浦和vsバイエルン

さいたまシティカップ
浦和レッズ1-0FCバイエルン・ミュンヘン
~埼玉スタジアム2002


本当はOB戦から観たかったんだけど、どうしても半休が取れずに五時まで仕事してから埼スタへ。

ダイスラーやルシオやサニョルなど数名がケガでドタキャンしたものの、それでも豪華メンバーを揃えてくれたバイエルン。
カーンが前半のみで交代してしまったので北ゴール裏住人にとっては彼を間近で観られなくなってしまったので不満だが、それでも移籍合流わずか3日目で連携度外視のポドルスキは最後まで見せ場を作っていたし、マカーイやシュバインシュタイガーもパワフルなプレーを見せてくれた。ハーグリーブスのチャンスメイクはさすがだし、ラームの運動量は凄かった。

我らレッズ選手陣の方がかなりの主力を休ませていたので逆にバイエルンに失礼かとも思ったんだけど…
ネネがこの試合で復帰したね。坪井も持ち前のスピードを見せてしっかりした守備で相手のチャンスを潰していた。伸二はポスト直撃の惜しいシュートがあった。相馬の突破力にはバイエルンも焦ってたね。そして終了間際に、突破した岡野の鋭いクロスから黒部がヘッドで決勝点!

素直に楽しめた試合だったよ、うん。

------
さいたまシティ杯 浦和1-0バイエルン
得点/88分・黒部(浦)






8月1日(火)07:13 | トラックバック(15) | コメント(25) | 試合 | 管理


(3/3ページ)
最初 1 2 >3< 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器