浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年4月29日を表示

さいたまダービーはレッズ完勝!! ~浦和vs大宮

J1リーグ第10節
浦和レッズ
2-0大宮アルディージャ
~埼玉スタジアム2002


土屋がボールを持ったかと思えば物凄いブーイングの嵐!予想通りの展開。勿論、自分もそれに荷担してる訳だけど、いくらプロとはいえあのブーイングの集中砲火はさすがに土屋も辛かっただろう。今回のブーイングに関しては、各方面で肯定的な意見から批判まで様々だけど、個人的な意見としては「時にはこれもアリかな」と思う。サッカーにおいてブーイングは切っても切れない永遠の文化のひとつだし、そもそもブーイングを封印してまでクリーンな応援をしようとは思わない。話は単純。ブーイングはやりたければやれば良いし、嫌ならやらなきゃ良いだけの話なのだ。それに相手がそれで嫌悪感を感じたのだとすれば、それは我々のブーイングが”成功”したという事になるのだから。

まあ、それはさて置いて、32分に敵DFのミスを突いたワシントンが持ち込んでキッチリ先制点を奪えたのは幸運だった。ロスタイムに永井が、前試合のナビ杯に続いて今季リーグ戦初ゴールも嬉しかった。
が、試合内容はそれほど良くは無かった。っていうか悪かったね。伸二のパスは輝ったけど、敵の執拗なプレスからレッズ攻撃陣がなかなか形を作れない。伸二、長谷部、山田が臨機応変にポジションチェンジを繰り返しながら攻勢をかけるものの、いつも前線でタメを作りながらチャンスメイクしてくれているロビーが出場停止で不在なだけに、攻撃のリズムが作れずになかなか噛み合わない。しかも頼みのサイド攻撃も不発の連続。
そんな中で度々発生するアルディージャのカウンターを、坪井が自慢の速さで封じてくれていたのは実に助かったけど。

都築の負傷、啓太の退場と、レッズにとっては波乱となった今回のさいたまダービーだけど、何はともあれここでキッチリ勝ち点3を獲った事は素直に喜びたいね。

・主審・奥谷氏へ
いい加減にパスコースへ立ちはだかるのはやめてください。ハッキリ言って「邪魔」です。



4月29日(土)22:59 | トラックバック(14) | コメント(6) | 試合 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買