浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年7月13日を表示

問題はジダンの頭突きやマテラッツィの暴言ではなくて…

ワールドカップ決勝におけるジダンのマテラッツィに対する頭突き行為について、当事者である2人がついに口を開いたが、ジダンは家族に対する侮辱的な発言があった事を明かしたものの、その具体的な発見内容は明かさなかったし、対するマテラッツィは真っ向からそれを否定している。こうなって来ると事の真相の解明は困難を極めるであろう。

が、俺は正直言って発言内容はこの際どうでも良い。
問題は、この事件が今大会に対する世間一般の関心を根刮ぎ持って行ってしまう点である。

ワールドカップとは世界サッカーの最高の舞台であり、本来は選手の華麗なプレーや国の威厳について語られるべきである。
それが、たった一度の暴挙によって世間の関心がそれに傾いてしまった。
こうなってくるとイタリアの優勝など何処へやら、新聞も雑誌も、もちろん我々のようなブログでさえ、右から左まで「頭突き」を取り上げるなどそれ一色になってしまう(そう言いながらこの話題を書いている俺も同類なのだが…)。

つまり俺は事の真相よりも、こういう暴挙をジダンとマテラッツィが引き起こした事によって、上記のような事態に陥っている事が嘆かわしいのである。
そもそも「頭突き」が主役のワールドカップなんてあってはならない。しかしこの事は大きな汚点として未来永劫語られて行くのである。。
これは、2006年ドイツワールドカップと、それに関わった全ての人々に対する果てしなき陵辱行為である!!

夢の舞台に泥を塗ったジダンとマテラッツィの両者には、大いに猛省を求めたい。



7月13日(木)22:17 | トラックバック(31) | コメント(7) | ワールドカップ | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪