浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


2006年7月22日を表示

等々力に響く達也コール!! ~浦和vs川崎

J1リーグ第14節
川崎フロンターレ0-2浦和レッズ
~等々力陸上競技場


ナビスコ杯の時とは180度変わって、今日は意気揚々と等々力から帰還した!



達也!!

復帰第1号ゴール!!あの瞬間、マジで涙が出そうになった。
ピッチを全力で駆けずり回っている姿を観られるだけでも嬉しいのに、さらに大事なフロンターレ戦で復帰弾を決めてくれたなんて…もう何と言って良いやら、感動である。

その後は山田の退場で逆に闘志に火が灯いたのだろうか。突然動きが良くなって、フロンターレゴールを幾度も脅かす好機を連発。平川、伸二と決定的なシュートは防がれたが、数的優位を誇示するかのようにモロにラインを上げまくるフロンターレの裏を突くレッズお得意のカウンターから、交代直後の永井が貴重な追加点!守備でもまさに身体を張った決死的ディフェンスでフロンターレの猛攻に続く猛攻を尽くはね返す。
数的不利で奮起せざるを得なくなったために、逆に選手の個々の力が一気に吐き出た結果かもしれない。

フロンターレは、正直言ってナビスコ杯の時と比べて恐くはなかった。これまで1.25列目で臨機応変なプレーで攻撃を支えていたマルクスの退団で、中央からの効果的な攻撃が出来ず、元々不得意なサイドに逃げては無駄な時間を作ってくれたおかげで、レッズは数的不利でも守備を作れる時間が出来たのだ。

とにかく、J再開後の大一番と目されていたフロンターレ戦に、ワシントンもロビーも欠く中でのこの上無い素晴らしい展開での勝利は大変意義深い。

------
J1第14節 川崎0-2浦和
得点/30分・達也(浦)、76分・永井(浦)



7月22日(土)23:32 | トラックバック(18) | コメント(67) | 試合 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活