浦和レッズの逆襲日報(旧版)
 
浦和レッズが好きなすべての人々へ捧ぐ…(当ブロクは移転しました。)
 


Show by Jul/16/2006

ワールドカップ7日目/15日

エクアドルとコスタリカともに、個人的にとくに肩入れする選手もいないから客観的に観れた。2チームともに派手さは無いものの堅実なプレーが良い。
3-0という結果を見る通り、実力的には、今や南米の強豪国にのしあがったエクアドルが上だが、コスタリカもその点差を感じさせない位に、執拗にエクアドルに喰らい付いていたのが印象的だった。
この試合の結果、グループAはドイツとエクアドルが決勝トーナメント進出が決定。

グループBではイングランドがトリニダードトバコに快勝。ベッカムのピンポイントクロスからクラウチがゴールを決めるなど、こちらも決勝トーナメントを決めた。

試合結果/15日
グループA
■エクアドル3-0コスタリカ

グループB
■イングランド2-0トリニダードトバコ
■スウェーデン1-0パラグアイ

------
今日の試合/16日
グループC
◆アルゼンチン-セルビア・モンテネグロ ~ゲルゼンキルヘン15:00(日本時間22:00)
◆オランダ-コートジボワール ~シュツットガルト18:00(日本時間1:00)

グループD
◆メキシコ-アンゴラ ~ハノーファー21:00(日本時間4:00)






Jun.16(Fri)07:26 | Trackback(35) | Comment(4) | ワールドカップ | Admin


(1/1page)